社団法人 全日本ビジネスサポート協会

あなたのわからないをわかるに変える!

*

第22回【実績も人脈のない中、週2回の活動で80セッションこなすようになったPOPの描き方と活用法】

      2016/06/07

160701

POPを作るのに美的センスは必要はありません。ちょっとしたコツを覚えば、アナタが作ったPOPに目をとめてくれる人が増えます。そして、見た方の心をくすぐるフレーズがあれば、アナタに声をかけてくれる人が増えます。

 

コツって聞くと、自分には美的センスがないからってなってしまうかもしれませんが、POPでもPCでつくったものではなく、手描きでつくったものは、むしろ美的センスがない方が人の目につきやすいです。

 

POPをつくる上で大切なのは、キレイなものをつくるのではなく、目にとまるものを作ることです。テレビなどで、有名人の下手な絵をみたことありませんか?下手な絵って、何となく目がとまり記憶に残ったりしませんか?そして、描いた人に親近感わきませんか?

 

見た方の記憶に残り親近感をわかせるようにPOPを描くと、不思議と自分の周りに人が集まるようになります。POPの最大の魅力はコミニュケーションツールとして威力を発揮してくれることです。

 

今回の勉強会では、論理的な話ではなく失敗事例と成功事例を織り交ぜながら、翌日から使えるPOPの描き方や活用法をご紹介いたします。

 

第22回 実績も人脈のない中、週2回の活動で80セッションこなすようになったPOPの描き方と活用法

・ブラックボードの失敗例と成功例
・ちらしの失敗例と成功例

【日 時】
7月1日(金曜日)

【講師】
佐藤 雄一 ダイエットプランナー

【場所】
はんこ屋さん21行啓通店 札幌市中央区南14条西7丁目3-2

【参加費】
5,000円

【スケジュール】
17:45~18:00  受付終了後、名刺交換や参加者との歓談をお楽しみください。
18:00~20:30  テーマ 【POPの描き方と活用法】
20:30~20:45  質疑応答
20:45~21:00  アンケート記入、写真撮影

【申込み】
下記申込みフォームより申込み下さい。

申込みボタン

 

 - 勉強会